蝶乃舞「EternalLife Project」は代理店ビジネスで超危険?

しんたろうです。

無料オファーの案件って本当にたくさんあって、私も迷惑メールが毎日50件程度きてますがほとんどが無料オファーです。

案件のほぼ100%高額なバックエンドが控えている内容ばかりなんですが、ついついクリックしそうな今回の蝶乃舞「EternalLife Project」、どんな案件なのか気になったので調査してみました。

EternalLife Projectとは

エターナルライフプロジェクトは、一言でいえば「最新再生医療を利用したアンチエイジング製品の販売代理店」ですね。

「不老不死」と「不労所得」を同時に実現するプロジェクトといううたい文句になってます。

ポイント

・寿命を決定づける体の組織「テロメア」を伸ばす酵素を利用した製品

・「テロメア」製品の代理店になって売って報酬を得る

「テロメア」関連製品

細胞の寿命を決めてしまう「テロメア」と寿命をのばす酵素「テロメターゼ」をもとに開発され、なんでも「テロメターゼ」を発見した再生医療の第一人者ビル・アンドリュース博士と共同開発した製品らしいです。
そして、手がける製品は従来の300倍の効果があるらしいです。

しかもノーベル賞受賞者ブラックバーン博士とも買い付けが出来るよう話しが付いているとのこと。

「テロメア」製品の代理店になって売る

詳しい内容は不明ですが
なんでも、蝶乃さんは再生医療の第一人者ビル・アンドリュース博士から独占販売する権利を持っているらしく今回のオファーはその製品を代理店になって報酬を得る形です。

代理店の利益は売上げの5%で段階によって20%まで引き上げるとか

そして、権利を取得するには32万円の支払いが必要です。

実際にメールとライン登録してみた

登録したその日に「第一話」動画が見れました。

内容としてはこのような内容でした

第1話

・蝶乃舞さんがいかにして成功したか

・シンガポールでの月500万円の自宅公開

・テロメア製品のすばらしさ(NHKの「クローズアップ現代」をそのまま使ってたけどいいのかな)

・いいものはみんな繰り返し使うから不労所得になる

・薬事法などの法整備される前に売るから先行者利益が得られる

第2話

・蝶乃舞さんがネットビジネスを始めたキッカケ

・テロメア商品はだれもがほしがる商品だから誰でも売れる

・初心者でも、サラリーマン、自営業でも売れる

・絶対やった方がいい、今すぐにを連発

第3話

どれぐらい報酬が入るか、どんなビジネスモデルか簡単に説明されます

どれぐらい報酬が得られるのか?

1兆円のコミュニティをめざすのであなたには報酬が年間1億円入ってくる、最低でも1000万円!

その理由は

・私は高い目標を設定すると必ず実現してきたから

・製品がすごい

・日本は世界一薬の消費が多い

ビジネスモデル

①代理店ボーナス報酬

販売して一定に入る利益

②代理店権利収入

リピート購買で入ってくる利益

③売上げをあげなくても得られる報酬

全体の売上げの5%を分配する弱者救済システムで今回のオファーに参加した人だけの報酬

第4話

第4話での新たな情報

テロメアの製品

・サプリの様なもので口から直接吸収するように舌にスプレーをする製品

・工場はGNP?(GMPの間違いか?)認定工場で作られる

GMPは健康食品の原料の受入れから製品の出荷に至るまで「適正な製造管理と品質管理」が行われているかどうかの規格です。

健康食品なんですね。

その他

・自己アフィリエイトは20%(20%引きで買える)

・数十人の専用スタッフによるサポート体制

後は、このビジネスがいかに優れているかの繰り返しになります。

参加費用は募集ページを見て下さいという事でした。引っ張りますねー

募集ページ

利益率が公開されました

①代理店ボーナス報酬 

販売して一定に入る利益

②代理店権利収入 5%

リピート購買で入ってくる利益

③売上げをあげなくても得られる報酬 5%

全体の売上げの5%を分配する弱者救済システムで今回のオファーに参加した人だけの報酬

権利収入は10%、20%とアップグレードできるそうです。アップグレードするために新たにオファーがあるようで上げるには、支払いが発生しそうですね。

販売価格

初回限定 定価50万円(税抜)の所、特別価格32万円(税抜)

蝶乃舞「EternalLife Project」ってどうなの

オススメできません。

理由1 特定商取引法に基づく表記に気になる点が

特定商取引法に基づく表記はセールスレターの一番下フッターにあるこの部分をクリックすれば表示されます。

特定商取引法に基づく表記とは

訪問販売や通信販売等消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象として、事業者が厳守すべきルールやクーリングオフ等の消費者を保護するルールを定めた日本の法律でインターネットを利用した通信販売には、取引法に基づく表示を正しくすることが求められています。

項目としては下記のようになります。
この項目がきっちり書かれているほど信用はおけるといえます。

販売業者
代表責任者
所在地
電話番号
公開メールアドレス
ホームページURL
販売価格
商品代金以外の必要料金
引き渡し時期
お支払方法
返品・交換・キャンセル等
返品期限
返品送料

EternalLife Projectの特定商取引法に基づく表記は下記

まず目に付くのは

所在地が、シンガポール

蝶乃舞さんがシンガポール在住なので仕方ないのですが、正直日本国内でもクレームとかあった場合、連絡取るのに苦労しますがましてや海外となると・・
本人がメールを無視してしまえば、連絡を取る事は不可能でしょう。

個人情報のお取り扱いについてを見て欲しいのですが

これにはびっくりしました

「関連する目的に使用するために、 口頭、書面、メールその他の方法により第三者へ提供させていただきます
とあります。

つまり、登録された個人情報は他へ流用させたり、リストにして売ることもあるってことですね。勧誘メールや電話が山ほどくる可能性も否定できません。

特定商取引をみてもオススメすることはできないと感じますね。

みなさんも「特定商取引法に基づく表記」は必ず確認してくださいね。

理由2 MLMは日本人に合わない

ビジネスモデルは、蝶乃舞さんが手がけているMLM(ネットワークビジネス)だと思います。犯罪ではないのですが決して不労所得が入るものではないということ、特に日本では難しいモデルということです。

理由①MLMはネズミ講というイメージがあり、応援してもらえない

理由②商品のコントロールができない(クレームなどの対応)

理由③良い商品を売っている訳ない(原価にお金をかけていない)

※販売価格から、ボーナス収入、権利収入、分配金ってなると販売価格の割に原価が安い(価値が低い)製品になる。

下記の動画が分かりやすかったので参考にして下さい。

 

理由3 テロメア製品の効き目がわからない

最後まで動画、募集ページも見ましたが「テロメア」製品について分かった事は

・今までの300倍の効果がある

・有名な博士と共同で作った

・製品はつい最近完成した

・健康食品のGNP(GMP?)認定工場で作られている

・舌にスプレーして口から摂取する

こんな疑問出てきませんか?

・最近完成した製品がなぜ300倍の効果があると分かるのか?

・実証したデータがあるのか?

・効果があるものほど副作用があるが大丈夫か?

・健康食品にうたわれている「若返り」「不老不死」の効果があるのか?

テロメア製品は、このプロジェクトの重要なポイントです。この疑問がクリアーにならないと自信を持って販売はできないですね。

理由4 ネットの悪評

蝶乃舞さんは下記のようなオファーを出されていますがいずれも悪評がたってますね。

セレブリティ倶楽部(FX)
マスタープランプロジェクト(仮想通貨)
ダイヤモンドミリオネアクラブ(アフィリエイト)

今回の「EternalLife Project」でも次のような評判が

クーリングオフしましたが返金されず、連絡も途絶えました。
都合の悪いことは全てスルー。
ここまで酷い詐欺師だとは思いませんでした。

 

クラブエターナルライフに申込みましたが、参加者に送られてくるはずのメールが、未だに届かない
何度問合せても梨のつぶてと言った状況。今は詐欺に引っ掛かってしまったと思っている。

しんたろうの目線

アフィリエイター目線でいうと次のように人間の心理的欲求に訴える販売術が使われていますね。

・再生医療というブルーオーシャンな市場でこれから稼げるイメージ
・説得力を出すためにノーベル賞という「権威効果」を使用
・寿命が延びる、不労所得という人間が元々持っている欲求に訴えている
・メリットで攻め立てる
・「先行者利益」、「今すぐ」等の言葉で損失に対する恐怖心をあおる

だからつい欲しくなって思わず契約される方もいらっしゃるのです。ここは冷静な判断が必要です。

私はいつも、仕組みに左右されない自力で稼ぐためのスキルアップ出来るかどうかが評価の基準にしています。

その点で言っても「EternalLife Project」は代理店販売の形なので、商品や販売の仕組みも蝶乃舞さんのさじ加減で変わる可能性があるのでそこも注意が必要ですね。

確かにMLMと呼ばれるネットビジネスで実績を残されている蝶乃舞さんだけにカリスマ性を感じますが
下記の点でオススメしません

・所在地がシンガポール

・個人情報が第三者に渡る可能性が高い

・MLMは日本人に合わない

・テロメア製品の効き目が不明

・ネット上での悪評が多い

・自分で稼ぐ力はつかない(再現性が低い)

以上のことから30万円払って契約する案件ではないと判断します。

しんたろうでした。