2020年のアフィリエイトの稼ぎ方

しんたろうです。

あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にありってことで、あなたの今年の抱負は?

・・

・・

・・

私の今年の抱負は「月収150万円を突破する」です。

2023年には「月収300万円を不労所得で稼ぎ脱サラをする」を目標にしていて、2020年には最終目標金額の50%である月150万円を目標にしていきます。

目標を達成するには、この2020年どのような稼ぎ方をするかってとても重要ですよね。

で、まずは、昨年を振り返ってみましょう。

令和元年ネットビジネスで最も大きい事件といえば何が浮かびますか?

・・

・・

・・

・・

やっぱり、Googleの大規模なアルゴリズム変更じゃないでしょうか?

そう、令和元年にはGoogleの大規模なアルゴリズムのアップデートが3.6.9月と行われたんですよ。

Googleアルゴリズム変更とは

最初にGoogleのアルゴリズム変更について説明しますね。

一言で言うと検索されたキーワードの検索順位を決めるための手順、ルールの事です。

日々、私たちの生活や社会も少しずつ変化しているのでGoogleで検索する情報も変わってくるはずです。

そのため、Googleは検索順位の見直しを行うために、アルゴリズムを日々更新していて同時に読者の価値を提供しているサイトなのか?を基準にサイトの順位を上げたり下げたりもしています。

「読者の価値を提供しているサイトなのか」は検索者だけでなくグーグルアドセンスの広告主へ配慮する一面もあります。

広告主からすれば、本当に読者へ価値を提供しているホワイトなサイトに広告を出したいので当然といえば当然かもしれません。

たまに大規模なアップデートがあり前回は2012年でしたが2019年の3回のアップデートではアルゴリズムの変更でアフィリエイト関係でも主に健康、美容、物販関連のサイトが影響を受けました。

あるアフィリエイターは変動前は月に500万円以上売り上げていたサイトが変動後には十万円以下までに落ち込みもう一度サラリーマンに就職しようかと悩んでいるとか。

こんなんじゃアフィリエイトはもう終わりなのか?って思っちゃうかもしれませんね。

でも今からお伝えする方法をしっかりやれば大丈夫ですよ。

2020年のアフィリエイト

2020年のアフィリエイトは次の二点に力を入れましょう

①読者様へ価値提供する

②集客の窓口を増やす

①読者様へ価値の提供する

検索ユーザーに好まれるコンテンツとサイトを作ることが新しいSEO対策になります。
これは確実です。

ネットビジネスがより本当の営業に近づいたといえるでしょう。

読者様へ価値あるコンテンツを提供し、面白い!役に立った!と思うようなサイトにすることが重要になってきます。

それには

・読者が共感が持てるコンテンツがある。

・サイト運営者が信用できると認識される

・読者に誰よりも価値を提供できるサイト

を作る事が必要ってわけです。

そうすれば、自動的にGoogleにSEOで評価され上位表示がされるってことです。

②集客の窓口を広げる

読者様に価値のあるコンテンツを提供し、集客の窓口を広げる事であなたのサイトのアクセスは増えるしリスクの分散にもなります。

現在、集客方法はGoogle、YouTube、twitter等のSNSに頼らなければなりません。

Googleの場合は、お話ししたようにアルゴリズムの変更が、YouTubeは動画の削除やアカウントの停止、そして規約の変更も行われます。

そのたびにアクセスが不安定になる可能性がありますよね。

そして、SNSの場合は業界自体の入れ替わりの激しさから集客さえ出来なくなる可能性があります。

例えばSNSでmixiってご存じですか?

mixiは2004年に始まり2011年の最盛期には登録者数1500万人いたSNSです。

でも、YouTubeやFacebookの対等で利用者が急速に減少し今では幽霊登録者が大半なんですよ。

twitterやFacebookも新しいSNSが出てきたらmixiのようにならないとは限りません。

リスクの分散の為にも集客の窓口を広げることが大事なんです。

そして、自分で集客できるシステムを持つほど安定したものはないのは確かです。
だって全くアップデートなど他者に影響されないわけですから。

自分だけの集客システムを作るには

 

オワコンなのは

googleのアップデートでこれから益々稼げなくなるのは次の二点です。

ブラックSEO

読者様への価値を提供せずに自作自演のサイトを作り、被リンクを増やして上位表示を狙うブラックSEOの手法は間違いなくオワコンとなるでしょう。

最初にお話しした、Googleのアルゴリズム変更で月の売上げが500万円あった実績者が数十万円に激減したという実績者はこのブラックSEOを使ってサイト運営をしていました。

過剰なキーワード対策

確かに3年ほど前までは文章にキーワードを考えて入れ込むSEO対策が最も強力で主流な方法でした。しかしキーワード選定の重要性はどんどん低下しています。

なぜならGoogle検索もどんどん進化し、キーワードに頼らなくてもコンテンツの中身までが丸裸になりつつあるからです。

進化している検索エンジンはキーワードそのものではなく検索キーワードと関連性の高い記事を上位表示する傾向にあります。

例えば、「パンク」を検索した場合、以前なら「パンク」というキーワードが入った記事が上位表示されていました。

しかし、今は「パンク」を直す業者や方法などといった情報のある記事が上位表示されるようになってきました。

だから、もうキーワードでがちがちに固めた記事は逆に低評価になる傾向にあります。

だからこれからは益々、読者様の知りたい事がすぐにわかり、楽しませるようなオリジナリティーのあるコンテンツを提供する事が必要になるのは間違いありません。

まとめ

次の2点のことに集中してアフィリエイトをやっていきましょう。

・読者様への価値提供

・集客の窓口を広げる

これは、2020年以降も変わることがない最良の方法です。

なぜなら、この2点は昔から実績のある成功する営業の王道の方法だから。

これさえ意識すればブラックSEO等を使っていたアフィリエイター、低い価値のコンテンツを提供しているサイト等のライバルが少なくなった2020年は逆に稼ぎやすくなったともいえるわけです。

2019年のアルゴリズム変更以後も、読者様への価値提供を優先しているサイトは実際に検索順位をぐんぐん上げています。

そして集客の窓口を広げて読者様が増えればば、コンテンツが充実したあなたのサイトのフアンが増えることになり、報酬もザクザク、安定して入ってきます。

あとはやるだけ!

共に頑張りましょう!

 

自分だけの集客システムを作るには