中野祐治「億を稼ぐ人の考え方」はサラリーマンの脱サラロードマップ

どーもーしんたろうです^^

サラリーマンの給料なんて頭打ち・・

脱サラしてもっと稼ぎたい!っていう人は中野祐治の「億を稼ぐ人の考え方」を読んで欲しいな。

なぜって、この本はサラリーマンに向けて億を稼ぐために「向かうべき方針や、あなたがやるべきことを教えてくれるから」

本だから個人に合った方法は無理だけど、方針ややるべき事が書いてあるので、あとはあなたが行動に移すだけやね。

中野祐治は大阪で、複数の会社を経営する実業家でコンサルティング、ビジネストレーニング事業や飲食関係など幅広い事業を展開していて、39歳で年収1億円を越えた人。

そんな実績のある人がどんな行動でサラリーマンから年収1億円超えたか。

ちょっと見ていこ。

億を稼ぐための方針

ずばり、億を稼ぐ方針は・・

サラリーマンはまずはビジネスオーナーをめざし、ビジネスオーナーで成功すれば、投資家になる!

お金を稼ぐ働き方の種類は大きく4つ。

従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家ね。

サラリーマンって、労働力の再生産コストを支払ってるのが給料になってる。

例えば、食事や休養するための家、服、そして少しばかりのリフレッシュなど。

結局は成果っていうより、明日も同じように働くために必要なお金をもらってるって考えた方がいい。

だから、給料だけでは大きく稼げないんですね。

それを抜け出すためには、働き方の種類をかえなくちゃならない

で、まずはビジネスオーナーでの成功を目指す。

ちなみに自営業もいっしょですよ。

自営業はライバルとの能力差が開けば収入は上がりやすいけど、働かなくなるとゼロになっちゃうので。

そこで目指すのが、ビジネスオーナー。

ビジネスオーナーはビジネスを立ち上げて仕組みからお金を得ている人のこと。

ビジネスを立ち上げた時間に対して、得られる収入も大きいし、人を使って時間とお金をレバレッジ(てこ)で最大限に増やすことができます。

そして、ビジネスオーナーで経験と教養を積み重ねて余裕資金を作って、投資家に。

投資家になって後はお金に稼いでもらう。

ただ、投資家と言っても100万とか200万ではなく、無くなってもいいお金が5000万円、年間で3000万円の収入があること。

これが条件。

でないと100万円、200万円なんてあっという間になくなっちゃいます。

しんたろう経験済み・・

億を稼ぐためのポイントは?

億を稼ぐためのポイントは3つ。

メンターを作る、パクる、自己投資をしろ。

実際に稼いでいる人をメンターにする

つまり、アドバイスは理想の結果を出している人から聞け!ってこと。

やっぱり、稼いでいる人の意見って大事。

実際、著者の中野さんも27歳でメンターに会って週末起業し今では年収1億超えたわけだし。

しんたろうも、あるメンターに出会ってから情報アフィリエイターとして稼げるようになった。

やっぱり実際に結果を作ってる人に聞くのが一番ってこと。

パクリまくる

メンターを含めて成功しているものから徹底的にパクりましょう。

世の中、うまくいってるものはマネから入ったものが圧倒的に多いんだから。

これは、私のメンターにも良く言われました。

「まずは、成功しているサイトのデザインや言い回しなどもパクってみよう」

徹底的にパクってから自分の味を出す感じ。

ただ、都合のよい所を取るのではなく、耳に痛いことやメンターの姿勢なども全てとるんですよ。

それも含めて成功者ですから。

自己投資をしろ

投資とは将来的に資産を増やすために現在の資産を使うことです。

投資の中で一番ノーリスク、ハイリターンなのは、自己投資。

例えばこんな投資方法があります。

・ビジネス書を読む

・成功者に会う

・セミナーに参加

一番やりやすいのは読書でしょうね。

1冊1000~2000円程度で自己投資できるんだから。

本を読んで実践は大切ですが、本1冊で月収が10000円上がるといわれています。

月に4冊読めば40000円、年間では48万円これをずっと続ければバンバン年収上がっていきますね。

本を月に4冊読んだ時点で社会人の上位10%に入ってます。

だって社会人で月1冊本を読まない人は47.3%、1~2冊などほぼ読まない人を含めると8割は読まない。

4冊読んでる人は8.6%だけですよ!

この知識量の差が年収に正比例すると言われています。

自己投資はすればするほど年収があがる。

実績のあるメンターを作る、成功者を徹底的にマネする、自己投資をする。

この3つをすれば、脱サラも夢じゃない!

ちなみにメンターに学びながら稼ぐ方法としてこんな方法もあり!

メンターに学びながら稼ぐ方法