God Sword【P2P】は終わってしまったのか?

しんたろうです。

GodSwordですが、開店休業状態になってしまいました。

売買できたのは2月7日まで、548Gの利益で現在止まっています。

ご覧のようにアイテム総資産が1015$。

つまりは、Swordのみ貯まっていて、売れない状態。

みんな売りたい人ばかりで、買いたい人がいないのです。

この画面が2月7日からずっと続いています。

経緯

おかしくなったのは2月6日ですね。

今まで必ず売れていたSwordが全く売れなくなって、運営側も自動での出金を停止。

そして、2月7日にはメンテナンス画面になりました。

このままもしかしたら、飛んでしまうのかとも思いました。

しかし、2月9日にはログインできました。

でも売買成立しない状態が続いています。

なぜ売れなくなったのか

どうやら、今まで売りも買いも支えていた数億単位で投資をしていた大口グループたちが、利益確定をするために一気に売って抜けたためのようです。

そして、みんな売れなくなり不安になって出金ばかりして、ますます買わなくなり売れなくなるという悪循環になっていますね。

まあ、Swordが日数たてば決まった利益が付いて売れてしまうというのは、最初にGodSwordの記事に書いたように、バブル時代の土地神話といっしょですのでいつかはこうなるのは間違いありませんでした。

合わせて読みたい

God Swordは詐欺案件なのか【2021年企画】最後まで検証する

GodSword、12月に始まり、2月始めですから2ヶ月ぐらい。

少々早かったかなとも思いましたが。

でも、良かったのはPGAのように運営者が飛ぶこともなく現在も手動ですが出金申請に応じているようです。

PGAの記事はコチラ

PGA投資【仮想通貨】が危ない

そして、出口戦略や出金規制などで立て直しを図っていること。

まだ希望は持てるかもしれません。

ただ、今のGodSwordのユーザーは買うのに信用を持てないので、新しいユーザーを連れてくる方法も検討しないとだめでしょうし。

だから、立て直すにしても最低1ヶ月以上はかかると思うので長期戦になりそうです。

また、動きがあれば報告させて頂きます。

それにしても一番安全なのは自分で稼ぐ力を身につけることだと改めて思いました。

誰も身につけた知識は奪うことはできませんから。

虎丸「電光影裏」で月収1000万円のインフォプレナーになる!