BuzzVideoで稼ぐ!高収益アカウントの作り方とは?

どーもしんたろうです。

おじさんでもYouTuberみたいに動画でかせいでみたい。

でもYouTube、始めてみたいけど収益化に審査があってハードルも高そう。

もっと手軽に、しかも早く収益が入るような方法って無いかな?

という人には、BuzzVideoも選択の一つでしょう。

BuzzVideoって何?

BuzzVideoは、YouTubeと同じく無料動画配信サービスです。

運営しているのは、中国のBytedance。

日本でも有名な動画投稿サービスのTik Tokの運営会社でもあります。

YouTubeと違うのは、検索機能がないこと。

AIが視聴者の好みに合わせてオススメの動画を表示する仕組みになっています。

スポーツ、面白、ゲーム、裏技、グルメ、車などのジャンルがあって、そこから動画を選んで視聴できます。

そして、フォロー機能がありますので、好きなチャンネルをフォローしていくほどにデータが貯まって、AIがあなた好みの動画を自動表示してくれるようになるんです。

動画の再生時間は5分以内と短いのが好まれる傾向にあります。

だから、スキマ時間に自分の好きなジャンルをサクッと暇つぶし見るには最高ですね。

そして、年代もYouTubeでは子供からおとなまで年齢層が広いですが、BuzzVideoはジャンルに小さい子供向けはありません。

どちらかというと中年世代、40~50歳の男性視聴者をターゲットにしている印象です。

これも、忙しい中年サラリーマンをターゲットにしたBuzzVideoの戦略のように思いますね。

 

収益のしくみは?

収益は動画投稿してクリックされると発生。

コンテンツの質、カテゴリ、再生回数などによって単価も変わってきます。

YouTubeと同じですね。

アカウント開設、収益化された時点では0.035円からのスタートになりますが、AIのアカウントの品質の評価で単価が変わってきます。

高品質なアカウントだと判断されると、0.2円アカと呼ばれる高アカウントに、逆に低アカウントと判断されると0.002円になってしまいます。

10,000回クリックされたとして、収益は高アカで2000円、低アカで20円ですからこれはデカい。

だからみんな、0.2円アカを目標にアカウントを作ります。

 

BuzzVideo攻略法

アカウントを評価するのはAIなのでいかに攻略するかが重要になってきますね。

その攻略方法についてお伝えしましょう。

アカウントのジャンルは一つにする

専門ジャンルを扱うアカウントにしましょう。

AIは専門チャンネルであるか?ないかによってアカウント評価をしています。

なぜなら、視聴者が車関係の動画をみにきて、あなたのチャンネルが車関係だけでなくエンタメありグルメありだったらどうでしょうか?

「車の動画をいろいろ見たかったのに・・」って思いませんか?

だからAIもジャンルが統一されているアカウントが高評価になるようプログラムされているのでしょう。

そして、AIに「専門ジャンルアカだよって」アピールすればグッと0.2円アカに近づけます。

ポイントを紹介します。

アカウント名、自己紹介にジャンルのキーワードを含める

タイトル、自己紹介を見ただけでどんなジャンル専門で運営しているアカウントかわかるようにしましょう。

例えば・・

車専門のアカウントだと一目でわかりますね。

タイトル名もジャンルがわかるキーワードを入れる

タイトル名もジャンルに合った名前にしましょう。

下記はクルマジャンルですが、タイトルを見ただけでクルマジャンルだと分かりますね。

これを意識して10記事ほど作って申請すれば0.2円アカは高確率に作れます。

BuzzVideoのメリット

BuzzVideoの大きなメリットとしては次の2点です。

・収益化しやすい

・動画転載OK

収益化しやすい

BuzzVideoはなんといっても収益化がしやすいんです。

YouTubeと比較すれば一目で分かりますよね。

それに、BuzzVideoは条件1か条件2どどちらかクリアすれば収益化されます。

YouTubeとバズビデオの収益化比較

条件1 条件2 単価
YouTube 登録者1000人以上 総再生回数4000時間 1再生あたり0.1円~0.4円
バズビデオ フォロワー100人以上 総再生回数20,000回 1再生あたり約0.17~0.2円

オススメは、条件1のフォロワー100人以上、他アカウントでプロフィールに「相互フォロー」等と書かれていれば、積極的にフォローしましょう。

この時に出来るだけ同じジャンルでフォローされた方が後々、専門アカだと視聴者にも判断され、再生数も変わります。

確かに全ジャンルで相互フォローすれば、1~2日で収益化も可能です。

しかし、収益化後のメリットを考えれば是非、同ジャンルでのフォローをしましょう。

動画転載OK

BuzzVideoは、転載OKなんです。

著作権に関わるようなものはダメですがまだYouTubeほど厳しくないので、YouTubeやTwitterなどから取得した動画を、サムネイルを付けて編集してBuzzVideoで投稿して稼ぐこともできます。

BuzzVideoのデメリット

一番大きなデメリットは、動画が資産化しにくいところでしょう。

YouTubeの場合は、検索機能があるがゆえ求められる動画であればずーっと検索されて動画が資産化されます。

しかし、BuzzVideoはバズつまり「爆発的に話題になる」がコンセプトなので人気の動画、トレンドを求めたものをAIが表示しています。

そのため、長期で見られる動画が少ないのです。

だから、最初は稼げてもどんどん報酬が下がっていくので常に複数のアカウントを作って回していかなければなりません。

資産化できない欠点をどう補うか?が問題ですよね。

BuzzVideoでどう稼ぐのか?

自分で作ったオリジナルの動画をYouTubeとBuzzVideoに投稿してWで報酬を得るのがオススメです。

BuzzVideoは転載可能ですが、オリジナル性が求められているのは確かです。

YouTubeの基準が厳しくなったように、いつBuzzVideoも変わるかわかりません。

いずれは常識的に考えて転載禁止もありえるでしょう。

是非、オリジナルの動画を作って、BuzzVideoの収益性の早さと動画が資産化するYouTubeのお互いの長所を生かしW収益を目指しましょう。

オリジナルで人気の動画を作るって難しそう・・って方にはこんな方法もあります。

おじさんでも簡単に人気動画を作る方法

↓ ↓ ↓

https://hukugyou-antena.com/2020/03/29/lts/

最後までお読み頂きありがとうございました。